*[[Problem 245:http://projecteuler.net/index.php?section=problems&id=245]] [#q9efbf21]

約分できない分数を弾性分数(resilient fraction)と呼ぶことにする。~
さらに分母に対し弾性(resilience)を真分数のうち弾性分数の比率と定義し、R(d)で表す。
例えば、R(12) = &sup{4};/&sub{11}; である。

数字 d > 1 の弾性は &sup{φ(d)};/&sub{d-1}; となる。φ はオイラーのトーティエント関数である。

さらに数字 n > 1 に対し ''共役弾性''(''coresilience'')を C(n) = &sup{n-φ(n)};/&sub{n-1}; と定義する。

素数 p の共役弾性は C(p) = &sup{1};/&sub{p-1}; である。


C(n) が単位分数であるような、 1 < n ≤ 10&sup{11}; を満たす合成数 n 全ての合計を求めよ。


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS