*[[Problem 379:http://projecteuler.net/problem=379]] 「最小公倍数計数」 [#g0f50cb3]

&tex{x}; ≤ &tex{y}; かつ、&tex{x}; と &tex{y}; の最小公倍数が &tex{n}; と等しくなる正の整数 &tex{x}; と &tex{y}; の組 &tex{(x,y)}; の個数を &tex{f(n)}; と表すとしよう。
&tex{x}; ≤ &tex{y}; かつ, &tex{x}; と &tex{y}; の最小公倍数が &tex{n}; と等しくなる正の整数 &tex{x}; と &tex{y}; の組 &tex{(x,y)}; の個数を &tex{f(n)}; と表すとしよう.

&tex{f}; の''総和関数''を &tex{g}; としよう。すなわち、&tex{1 ≤ i ≤ n に対し、g(n) = Σf(i)};
&tex{f}; の''総和関数''を &tex{g}; としよう. すなわち, &tex{1 ≤ i ≤ n に対し, g(n) = Σf(i)};

&tex{g(10^{6})}; = 37429395 がすでに与えられている。
&tex{g(10^{6})}; = 37429395 がすでに与えられている.

&tex{g(10^{12})}; を求めよ。
&tex{g(10^{12})}; を求めよ.

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS